胃カメラの鎮静剤の費用

胃カメラの鎮静剤の費用

胃カメラの鎮静剤の費用について

「胃カメラ」検査は、今もって苦しくて痛いと怖がる人もいますが、現在では「経鼻内視鏡」検査も多くなっており、口からの内視鏡よりも苦しくなく、鎮静剤の使用もなくてすみます。

 

しかし、鼻からよりも口からの方が検査の精密度や解析度は良く、患者の希望によってどの方法でも検査が出来る医者も増えています。

 

「胃カメラ」検査の料金体系

鼻からの検査では使用しない鎮静剤を、口からの「胃カメラ」検査では使用する場合が多くあります。

 

鎮静剤を使用しないと辛くて苦しくて検査できないと考えているからです。

 

実際には、検査する時に緊張せずにリラックスすること、内視鏡を飲み込むコツがわかれば鎮静剤は必要ないのです。

 

しかし、人それぞれで苦しい、痛いは我慢できない人も多くいますから、一概に鎮静剤を否定するものではありません。

 

鎮静剤については、使う人、使わない人、投与する量にも違いがありますから費用の面で、はっきりとこれだけかかりますと言えないのが正直なところです。

 

「胃カメラ」検査自体に麻酔薬と鎮静剤が含まれている病院と含まれないところがあります。

 

これだけでも料金は異なりますので、次に上げる料金はあくまでも目安と考えてください。

 

「胃カメラ」検査の鎮静剤にかかる費用

「胃カメラ」検査に使われる鎮静剤について薬価を調べてみました。

 

薬価はあくまでも薬の値段ですから、処方料金や処置料は別途かかるものと考えてください。

  • セルシン・・・・・67〜98円
  • ホリゾン・・・・・98円
  • オビスタン・・・・340〜358円
  • ロヒブノール・・・144円
  • サイレース・・・・159円

これらは、静脈注射の一回分量での薬価になります。

 

この料金だけを見ると安いと思われるかもしれません。

 

安いから使用する、高いから使わないでは無く、鎮静剤については、検査後の副作用も理解したうえで、苦しさや痛さをどのように受け止めるかで決めると良いでしょう。

スポンサーリンク