胃カメラの鎮静剤の種類

胃カメラの鎮静剤の種類

胃カメラの鎮静剤の種類について

「胃カメラ」検査には、喉の麻酔の他に鎮静剤が使用される場合が多くあります。

 

患者の緊張を和らげて、苦痛を軽減するためですが、これによって内視鏡専門医も検査がしやすくなります。

 

患者がオエ〜と繰り返して、喉を内視鏡が通らない状態では検査どころでは無くなります。

 

患者を傷つけない為にも鎮静剤の使用は必要との意見が主流になっています。

 

「胃カメラ」検査の鎮静剤

口からの「胃カメラ」検査では、苦痛軽減の為に鎮静剤を使用することが多くなっており、それに伴って検査後の副作用も増えているのが現状です。

 

咽頭反射が強く検査がスムーズに出来ない人、患者から鎮静剤を希望する場合に、医者と患者の了解の上で使用されます。

 

鎮静剤の使用は、患者の状態によっても異なりますが、検査する医師の考え方にも影響されます。

 

通常は、静脈注射(静脈麻酔)によって出来るだけ少ない量で検査を始めます。

 

鎮静剤の量は医者の判断に任されることも多いようです。

 

検査は楽に受けられても、検査後の副作用を考えるとリスクを伴う判断が必要になります。

 

高齢者や障がいのある人への検査が必要な時には、全身麻酔によって検査をする場合もあります。

 

患者サイドの承諾が必要になります。

 

「胃カメラ」検査の鎮静剤の種類

「胃カメラ」検査に使われる鎮静剤は静脈注射ですが、数種類の鎮静剤が有ります。

  • ジアゼパム(セルシン、ホリゾン他)・・・一番多く胃カメラ検査で使われています。
  • ミダゾラム(ドルミカム)・・・使用に当たっては十分な注意が必要になります。
  • ペンタゾシン(ソセゴン)・・・疼痛軽減を目的にしています。
  • ペチジン塩酸塩(オピスタン)・・・胃カメラ検査で使われます。
  • フルニトラゼパム(ロヒブノール)・・・胃カメラ検査で使われます。

上記、5種類の鎮静剤を上げましたが、どの鎮静剤を使用する時にも「モニタリング」は欠かせません。

 

自動血圧計、パルスオキシメータを装着して、検査中の患者の呼吸数や顔色を観察することが大事になります。

 

また、検査後の副作用についての説明、注意点を確認して納得したうえで鎮静剤を使用しましょう。

スポンサーリンク