健康診断(人間ドック)で胃カメラを拒否する場合

健康診断(人間ドック)で胃カメラを拒否する場合

健康診断(人間ドック)で胃カメラを拒否する場合について

健康診断や人間ドッグの胃カメラについて

会社から健康診断や人間ドッグをうけることを勧められたりしませんか?
自分は元気だから、若いからといって受けないのは大変危険です。
どの病気も年齢にかかわらず早期発見が肝心なのできちんと受けましょう。

 

胃がんについて

胃がんは日本人に多く40歳からリスクがあると言われており
検診でも胃がん検診を受けることを推奨されております。
胃がんは早く発見すれば治せる病気ですので検診を受けることが望ましいでしょう。

 

胃がん検診は以下のものがあります。

胃部X線検査(バリウム検査)

造影剤(バリウム)と胃を膨らませる発泡剤を飲んで検査を受けます。
発泡剤を飲む際にゲップが出やすくなりますが、ゲップが出ると写真に写らなくなりますので
我慢しなければなりません。

 

検査台に寝てバリウムを付着するために身体の回転を指示されます。
検査後はたくさんの水と下剤を飲みバリウムが付着する前に排出させます。
これを怠ってしまうとバリウムが固まってしまい身体に悪影響を及ぼします。

 

胃内視鏡検査(胃カメラ検査)

検査日前日に早めに食事を済ませ、指定時間以降は絶食します。
当日は喉の痛みを抑えるためにのどに局所麻酔薬をします。

 

緊張してしまうとえづきなかなかスムーズにいきませんので肩の力を抜き呼吸を楽にすると
痛みは感じません。最近では口からカメラを入れる方法以外に鼻からカメラを入れる方法など
病院によって胃内視鏡検査の方法が異なっている場合もあります。

 

上の検査方法では胃内視鏡検査がつらいので胃部X線検査の方法が楽だと思われる方も多いのですが胃部X線検査に異常が見つかり胃内視鏡検査を受けなければならないこともあります。

 

レントゲン写真では病変を見落とすことがあり、レントゲンだけで診断するのは限界があります。

 

検診では胃がん検査は任意になっていますが、人間ドッグでは胃がん検査が必須となっている場合が多く拒否することは不可能です。

 

40歳を過ぎてがんの可能性もあがり、自分には無縁だと思わずに一年に一度検査を受けることも大事です。

スポンサーリンク