胃カメラ検査後の痛み

胃カメラ検査後の痛み

胃カメラ検査後の痛みについて

胃カメラ検査後の胃痛について

胃カメラ検査後に胃痛を感じる場合がありますが、検査によって胃に傷がついている場合があります。

 

検査の最中に胃の状態をみて胃の粘膜を採取する場合は胃に傷がつくため胃痛の原因となることがありますが、一時的なものでありしだいに痛みは引いてきますので心配することはありません。

 

ただし胃痛がいつまでも長引く場合は他の病気の可能性もあるため医師に相談して下さい。

 

初めて検査を受けた方は胃にカメラを入れることによって不快感を多少感じることはありますが、時間がたつにつれ不快感はなくなります。

 

粘膜を採取した場合

検査中に組織を採取する時に出血しますが、止血剤を使用しますので血は止まりますが、検査後に痛みや出血することがあり排便時の黒い便がでます。その場合は速やかに医療機関に行くようにしましょう。

 

粘膜を採取した後の2、3日の食事は刺激物や辛いものアルコールを避けて消化のいい食べ物を摂るようにして下さい。

 

麻酔や鎮痛剤による影響

検査後麻酔がきれるまで病院で休憩をとりますが、めまいやふらつきを起こし嘔吐することもあります。
薬剤の影響は麻酔だけでなく粘膜を採取した後に使用する止血剤によっても起こるといわれています。

 

検査による痛み

内視鏡検査の際に喉にカメラを通す際に粘膜を擦ってしまうことにより喉の痛みや、検査時に胃を膨張させることによって胃が腫れているような不快感や胃痛を感じる場合もあります。

 

胃カメラ検査を受けて合併症が起こる可能性はきわめて低いですが、検査後に胃痛が長引いたり発熱が出た場合はすぐに病院に行くようにして下さい。重篤な合併症が発症した場合は病院で再検査、手術を行います。合併症を防ぐためにも自己判断せずに病院に行くようにして下さい。

スポンサーリンク