胃カメラは苦しいのか

胃カメラは苦しいのか

胃カメラは苦しいのか

健康診断や人間ドッグのレントゲン検査(バリウム検査)で、胃に異常が見つかった場合、再検査が必要となって、胃カメラ検査を受けなければならないと嘆く人がいます。

 

「胃カメラ」と聞くだけで、痛くて苦しくて怖いという考えが脳裏に浮かびます。

 

「胃カメラ」が苦しいと思う理由

胃カメラと聞けば「あんな太さの管が口から喉に入れられるなんて」と不安と恐怖に思うでしょう。

 

初めての検査なのですから、当たり前かもしれません。

 

痛いのではないか、苦しいだろうと思ったら、医者の説明をしっかり聞きましょう。

 

苦しいのは、喉に異物が入ったりすると誰もが、オエ〜となる喉の反射(咽頭反射)です。

 

体の緊張を抜いて、気持ちをゆったりと持っていればえづく事もありません。

 

苦しくなるほど、胃カメラは太い管ではありませんから、安心して大丈夫なのです。

 

「胃カメラ」は痛くも苦しくもありません。

口に挿入して検査する方法と、鼻から挿入していく方法とあります。

 

口からの検査よりも鼻からの内視鏡検査の方がカメラの管は細く、喉でオエ〜となることもありません。

 

「経口内視鏡」の場合、喉の麻酔をしても緊張してしまってはいけませんから、緊張を解くために鎮静剤を点滴しながら検査する(意識下鎮静法)ところも少なくありません。

 

人によっては、麻酔や鎮静剤にアレルギーのある場合があります。

 

検査前に医者としっかり相談して、恐怖心や不安感の無い状態で検査を受けましょう。

 

検査前に喉の麻酔をしっかりとすればほとんどの場合、痛くも苦しくもありません。

 

医者の技術と検査説明

始めて検査する人は、検査の状況や手順、検査内容が具体的に理解していないので、不安になり緊張をしてしまいます。

 

検査前、当日、検査後の注意事項や説明を理解出来るまで確認しましょう。

 

また、医者側の内視鏡操作技術のレベルによっては、えづいて苦しいと感じることが考えられます。

 

内視鏡専門医が安全に、丁寧に、カメラの取り扱いが出来ることはもちろんですが、的確な判断と診断ができる事で、短時間で微細な病気を見つけることが可能になります。

 

医者の技術向上は、検査を受ける人にも苦しさや不安を与えないことになるでしょう。

スポンサーリンク