胃カメラの麻酔の効く時間

胃カメラの麻酔の効く時間

胃カメラの麻酔の効く時間について

胃カメラを行う際の麻酔の効く時間は?

今まで胃カメラを受けるのが辛い、苦しいといったイメージがあり受けるのを躊躇って方も多いのではないでしょうか。現在は患者さんの苦しみを減らすために麻酔技術も高くなり過去に辛い経験をされた方も辛くなかった、楽だったと検査後に言われる方も増加してきました。

 

麻酔を使用するにあたって

胃カメラ検査を行う際に痛みを減らすために麻酔を使用します。

 

胃カメラは痛い、辛いといったイメージが先立ちますが麻酔によって苦痛を和らぎますので痛さを感じない方もいらっしゃいます。全身麻酔をしなくとも検査の直前から麻酔は効いてきますのでいつの間にか終わってしまった、違和感がなかったと安心して受けることが出来ます。

 

麻酔の効く時間は一時間くらいと言われ検査終了後はしびれやだるさを感じることもあるのでゆっくりと休憩をとってから来たくします。

 

麻酔方法

病院によって麻酔方法は異なりますが現在よく使用されている方法の麻酔をあげてみます。

 

鎮痛剤と鎮静剤を注射するため、ウトウトと睡眠状態の中で検査を行うため目が覚めた頃には検査は終了しているため痛みを感じることはありません。以前はのどにゼリー状の薬をためて飲み込むといった方法がありましたが鎮痛剤と鎮静剤を使用するため胃カメラ検査がスムーズにいく方法が出来ました。

 

麻酔の効き目は一時間と言われていますが薬剤を使用しているため患者さん自身が車の運転やバイクの運転は大変危険ですのでタクシーの利用やバスでの帰宅が望ましいです。

 

のどの奥に麻酔薬のゼリーを飲み込むタイプのものは、のどのしびれが効いている一時間半くらいは誤飲を防ぐため食事や飲んだりすることはできません。

スポンサーリンク