胃カメラの麻酔の安全性

胃カメラの麻酔の安全性

胃カメラの麻酔の安全性について

胃カメラを受ける時に「痛くて辛いのではないか」「楽に受けられたら検査も受けたい」「麻酔をかけることによって身体への負担は?」などそれぞれ心配をお持ちではないでしょうか。

 

近年では胃カメラ検査の辛さを和らげるためにも静脈麻酔法で眠っている状態で検査を行う方法もできました。

 

静脈麻酔法とは

胃カメラを行う際の苦痛がなくウトウトと眠っている状態や寝ている状態で検査を行います。
過去に胃カメラ検査で苦痛を感じた方、検査を楽に受けたい方や不安がある方には良い検査方法だといえるでしょう。

 

寝てしまって大丈夫なの?

静脈麻酔法はどの医者でも出来るわけではありません。麻酔経験が豊富であったり病院で施行経験も豊富で熟知した医者が出来ます。麻酔をかけている間は呼吸や心拍など全身状態をチェックするため寝ていても安心して受けることができます。

 

副作用について

検査後は目が覚めてもしばらく効果が残っているためふらつきやめまいの症状が出る方もいます。
検査後は麻酔がきれても休憩室でゆっくりと休んでからの帰宅となり、検査終了後は車やバイク、自転車の運転は大変危険なため禁止されています。

 

麻酔を受ける際に副作用を防ぐため

胃カメラを受ける際に下記の項目にあてはまる方は検査前に医者に報告をしなければなりません。
あてはまらなくても心当たりがあれば相談することが望ましいでしょう。

  • 虫歯治療などで麻酔を使用して気分が悪くなった
  • 血の止まりにくい薬を服用している
  • 高血圧、糖尿病、心臓病など持病がある方
  • アレルギー体質

以上の方は副作用のおそれもあるため医師に相談し注意事項を理解した上で検査を申し出るようにしましょう。

スポンサーリンク