胃カメラの麻酔でまだ痛みが出る場合

胃カメラの麻酔でまだ痛みが出る場合

胃カメラの麻酔でまだ痛みが出る場合について

胃カメラの検査が苦痛の原因は嘔吐反射でゲェゲェするため苦しい、辛いといいます。

 

近年では痛みが緩和されるよう鎮痛剤の併用で眠ったような状態で検査を行う事も出来ます。

 

のどの麻酔を行いますが咽頭反射が強く出る人は苦しくて我慢できなることや不安が強い人は気を失ってしまう事もあります。その可能性がある方や過去に検査を受けて麻酔をした後でも痛みの出た方は事前に医者に報告して検査の進め方を相談するようにして下さい。

 

麻酔をすれば痛くないのでしょうか

胃カメラを受ける際にのどに局所麻酔をします。ゼリー状の麻酔薬をのどに流し込み10分くらいのどに溜めておきます。しばらくするとのどの奥がしびれてきます。病院によっては口の中に麻酔を噴射するだけのものもあります。

 

この麻酔で検査を受けるのですが、不安な方や喉の敏感な方にとっては大変苦しく痛みが強くでることがあります。検査中はのどの痛みより何かチューブのようなものが入っていて気持ち悪い、異物感があって詰まっているそのような感覚が痛みに繋がることもあります。

 

受ける前に肩の力を抜いて呼吸をうまくすることによってリラックスし検査もスムーズになります。

 

検査中に口の中にどうしてもつばが溜まってしまいますが、飲み込んでしまうと気管に入ってしまうためむせてしまい苦しくなります。恥ずかしいと思わずにつばは外に出して飲みこまないようにしましょう。

 

どうしても苦しい場合は

麻酔をしてもえづきが強い方、痛みを敏感に感じる方や不安の強い方は鎮静法といった方法があり、点滴で鎮静剤を注射し眠っている状態で検査を行う方法もあります。検査前に十分に医者と相談した上で決められてはいかかでしょうか。

スポンサーリンク