胃カメラの麻酔が効かない場合

胃カメラの麻酔が効かない場合

胃カメラの麻酔が効かない場合について

胃カメラを受ける際に麻酔を行いますが、不安の大きい方や痛みに敏感な方は検査中に苦しくて咽頭反射でゲエゲエとえづき苦しくなることがあります。麻酔がなぜ効かないのかという理由の一つにあげられます。検査中も「肩の力を抜くように」と声をかけられても余計に力が入りえづきが止まらなくなってしまい検査どころではなくなってしまう事もあるようです。

 

検査の前に

検査を受ける際に不安な事は医者や看護師に相談すると不安が軽減しますし、担当医も不安な点を理解するために検査前に相談しておくことをおすすめします。検査の前に「苦しい」「辛い」のスタートではどうしても肩に力がはいってしまうからです。検査前にわからない事や心配な事を話すだけでも不安は取り除かれる事もあります。

 

麻酔が効かない理由の中にはのどにゼリー状の麻酔を溜めて10分間ほど待機するのですが、のどに溜めるのがうまくいかず口内で溜めてしまう事や飲み込んでしまう事が原因とされ検査の際に口から入ってきたカメラの先端でのどを刺激されたような状態になるためえづきゲエゲエして苦しい状態となってしまいます。

 

十分に話したけどやっぱり怖い

納得いくまで話せたのはいいけど不安だし緊張するといった方は鎮静剤を使う方法もあります。

 

以前苦しい状態で検査を受けた方や咽頭反射が強く出る方、不安がつよく緊張する方には鎮静剤を使用する事によって楽に受けられるということです。

 

少し眠った状態でウトウトとしながら検査を受けられるためいつの間にか終わっていたといった方も多く苦痛なく検査が受けられます。検査中ももちろんえづくこともなく受けられますので肩に力が入ることもなく咽頭反射も出ません。

スポンサーリンク