胃カメラの鎮静剤の手順

胃カメラの鎮静剤の手順

胃カメラの鎮静剤の手順について

胃カメラを受ける際にのどの麻酔のみで検査を行った場合、「ゲエゲエ」と咽頭反射が強く内視鏡を吐き出してしまいたいくらいの苦痛や食道に入った後もスコープが触れている感触が気持ち悪く検査が終了した後も気持ち悪さが続いているような感覚に襲われる圧迫感を持たれる事があります。

 

それによって二回目の検査を受けづらくなることや、検査を受けたことのない方も喉からカメラをいれる事自体が苦しくてつらいと感じてしまい検査を拒否してしまいます。

 

苦痛を和らげるようにこれまでの検査に併用して鎮静剤を使用する病院が増えてきました。

 

鎮静剤を使用することによって痛みを感じることもなく「いつの間にか検査が終わっていた」「検査中に眠ってしまったような感覚だったので痛みがわからなかった」と検査を楽に受けることができます。

 

では鎮静剤を使用した胃カメラ検査とはどういった流れで行うのでしょうか。

 

検査の手順

  1. 検査室でゼリー状の麻酔薬を口から入れてのどの奥に溜めるようにします。(病院によってシャーベット状のものやスプレーの麻酔もあります)10分ほど経過したら口がしびれたような感覚になります。
  2. 検査台で横になりマウスピースを口にはめて肩に胃腸の動きを抑える注射をします。この時同時に鎮静剤の注射をします。だんだんぼーっとした感じになります。
  3. 胃カメラを挿入し、5〜10分程度で検査は終了します。
  4. 鎮静剤を使用しているため検査後1〜2時間程度はベッドで寝たままリカバリールームで休みます。自分はしっかりしたつもりでもふらつきがあったりめまいをおこすこともあるため無理をせず休みましょう。
  5. 診察室で検査の写真を見ながら結果説明があります。組織の一部を採取した場合は約一週間後に結果説明があります。
  6. 鎮静剤を使用しているので検査後は車やバイクの運転はできませんのでタクシーや家族の方に迎えにきてもらうなどして下さい。

スポンサーリンク