鼻から入れる胃カメラ

鼻から入れる胃カメラ

鼻から入れる胃カメラについて

健康診断の結果で胃の「要再検」の診断が出たり、胃の調子が悪い自覚がある時、診察を受けると「胃カメラ」検査をする必要が出てきます。

 

この時の「胃カメラ」ですでに緊張してしまい、怖い、痛いのではとの不安が頭に過ります。

 

「胃カメラ」には口から内視鏡を挿入する方法と鼻から挿入する方法がありますが、鼻からの方が楽だと言われています。

 

口からより鼻からの「胃カメラ」が楽な理由は?

「経口内視鏡」の場合、事前に麻酔や緊張を解す注射などによって痛くないと言われても、どうしてもオエ〜とえづいてしまいます。

 

これは咽頭反射であって当たり前なのですが、異物を吐き出そうとする自然な反射と、胃カメラを飲み込む行為とは反対になります。

 

「体の力を抜いて、ゆっくり飲み込んで」と言われても、痛い、苦しいが続く原因です。

 

人によっては、マウスピースを咥えた段階で嘔吐してしまう人もいます。

 

実際は、事前の検査説明を理解して当日の検査前の指示に従えば、それほど苦しいものではありません。

 

「経鼻内視鏡」は鼻からの挿入ですが、事前に消泡剤を飲むのは口からの場合と同じです。

 

挿入する方の鼻に出血止めをスプレーし、その後ゼリー状の麻酔を入れ滑りやすくします。

 

鼻からだと、オエ〜とえづくこともなく検査しながら話も出来ます。

 

咽頭反射が起こらないこと、口を固定して飲み込む必要がないので「経鼻内視鏡」は口よりも楽な検査だと言えます。

 

鼻からの「胃カメラ」の特徴

前日や検査当日の食事制限、事前処置はどの「胃カメラ」検査でもほぼ同様です。

 

鼻からの「胃カメラ」は挿入されるコードの太さが5mm程と細くなっています。

 

鼻から入ったカメラは食道を通って胃まで検査します。

 

麻酔は鼻だけですから、希望者はカメラが映し出す自分の胃の様子を医者と一緒に見ることが可能です。

 

「自分の胃です。見てください。」と話しかけながら検査説明する医者もいます。

 

話も出来るので、気になることや症状などを検査しながら質問することも出来るのです。

 

検査は10分程で終了します。

 

麻酔の注射をしていませんから、検査終了後に車の運転をしても大丈夫です。

 

また、30〜60分後には食事することも可能です。

 

良いことばかりのようですが、鼻の病気を持っている人、鼻血が出やすい人などには向きません。

 

内視鏡の大きさが小さいことで、画像の鮮明さや照明の明るさに欠ける弱点もあります。

スポンサーリンク