胃カメラの鎮静剤のレベルとは

胃カメラの鎮静剤のレベルとは

胃カメラの鎮静剤のレベルとは

胃カメラを受ける方が気になるのはゲエゲエという嘔吐反射や苦痛を強く感じることや人それぞれですが少しでも楽に受けたいですよね。現在では苦痛を少なくするため鎮静剤を使用し胃カメラを受けることができます。ほとんど眠った状態で検査を行うためいつの間にか終了している事が多いようです。

 

検査に不安をお持ちの方にはおすすめの検査方法なのではないでしょうか。

 

そこで胃カメラに使用する麻酔と鎮静剤のレベルを紹介します。

 

1 咽頭麻酔のみで鎮静剤は使用せず

ゼリー状の麻酔薬を口に含みのどの奥で10分程度溜めるようにします。のどの奥でないと口の中がしびれるだけでのどに麻酔が効かないため首を後ろに反らしてのどの奥に溜めるようにしましょう。

 

ゼリー状の麻酔薬ではなくスプレーの麻酔薬を使用する病院もあり、口を開けて5回程度のどに吹きかけるだけですので30秒くらいで終わります。

 

咽頭麻酔だけでも検査はもちろん可能ですがやはり苦痛が大きく早く帰宅したい方や妊婦さん、鎮静剤を使用できない方に限られてくると思われます。

 

2 咽頭麻酔に軽度の鎮静剤

少しふわふわした感じはありますが意識は正常にあり検査中の事は覚えているレベルです。一般的に病院で行われている量です。

 

3 咽頭麻酔にやや多めの鎮静剤

咽頭反射が強い方や敏感な方はレベル2ではゲエゲエするためこのレベルにします。効きめは個人差がかなりあるため医師が患者さんの状態を確認して少しずつ量を増やしていきます。最初は医師との会話で応答していたのにいつのまにか検査が終わっていて「これから検査ですか?」と検査中の記憶がない方も多いです。

 

4 咽頭麻酔にかなり多めの鎮静剤

深い眠りに入り全く意識がない状態になります。危険性も高く通常の検査ではこのレベルまでの鎮静剤は必要はありません。

スポンサーリンク