胃カメラの鎮静剤が怖いときは

胃カメラの鎮静剤が怖いときは

胃カメラの鎮静剤が怖いときは

胃カメラを受ける場合、不安感や緊張が強い方は鎮静剤を使用して検査を受けることを最近では病院側もおすすめしています。のどの麻酔だけではどうしても苦しさや辛さを考えてしまい身体が緊張したり検査中に苦しくて咽頭反射で興奮してしまう事もあります。不安が強くない方でもどうしても胃カメラはつらいものです。

 

鎮静剤を使用して完全に眠ってしまうのではないか、全身麻酔ではないかと考えてらっしゃる方も多いかと思うのですが完全に眠るまでの量は一般的な検査では使用することはありません。鎮静剤を注射して頭がぼんやりしていつの間にか検査が終わっていたといったと感じる方が多いです。

 

検査中も意識があり、あくまでも苦痛を軽減するために鎮静剤を使用しての検査が多く行われていますが、人によっては体質的に呼吸が弱くなったりふらつきやめまいをおこすことがあります。

 

検査後はリカバリー室で1〜2時間程度は静養することが必要となりますし、車やバイクの運転は禁止されています。そういったリスクもあるため検査前に怖いと感じることがあれば医師や看護師に遠慮なく相談して安心して検査を受けることがベストです。

 

鎮静剤を使用したくない理由

合併症がおこるのではないか

鎮静剤を使用すると呼吸が止まるという副作用があると効きますが胃カメラの検査で使用する鎮静剤の量は多くありません。検査中もモニターで確認しているため安全には十分な配慮をしています。

 

検査後眠気がきたりめまいをおこす

鎮静剤を使用した場合は頭がぼーっとしたような状態になりますので、検査後は十分に休んでから帰宅するようにします。

 

患者さまの希望を優先して検査を行いますので、鎮静剤の使用はどうしても嫌な場合は鎮静剤の使用はせずにのどの麻酔のみで結構ですとお伝えすることがよいでしょう。

スポンサーリンク