妊娠中の胃カメラの鎮静剤

妊娠中の胃カメラの鎮静剤

妊娠中の胃カメラの鎮静剤について

妊娠中に胃痛や便の潜血や身体の異常を訴えて病院側から胃カメラを受けるように勧められる事があれば妊娠中のため大丈夫か心配になりますよね。妊娠中は薬剤の影響によって胎児へリスクがある事を真っ先に考えると思います。麻酔薬によっては胎児の身体へ影響を与えないものもありますし心配なく検査を受けることが出来ます。

 

もし迷われるようであれば医師と相談の上、出産後落ち着いてから受けられるとよいでしょう。一般的には医師が妊婦の具合を見て必要がない限り胃カメラを勧めることはありません。

 

妊娠中の薬剤の影響

妊娠初期(〜4週目)は卵の状態で器官は発達していないので薬剤の影響はないと言われています。

 

もし薬剤の影響を受けていることがあれば着床することはなく流産となるか、影響を受けることがなければ順調に育ちます。妊娠4週目から16週目までは気管が形成される大事な時期ですので鎮静剤、ワクチン、抗がん剤などは胎児への影響が高く異常をきたす可能性が高く絶対に避けて下さい。

 

16週目からは胎児の気管の発育は完成している状態ですので薬剤の影響で異常が起こる可能性は低いといえますが機能的発育には発育障害や知能障害を起こす可能性が高いため鎮静剤や解熱剤などの薬剤の使用は避けて下さい。

 

妊娠中の鎮静剤の影響によって出産後、新生児に口唇烈、低血圧、低体温、呼吸抑制などの症状が現れることがあるといわれています。

 

もし胃カメラを受けることになれば医師や看護師と納得いくまで相談されて安心して検査を受けることが望ましいです。胎児の影響を考えるのであれば鎮静剤の使用がもし許可されている病院でも薬剤の胎児への影響を考えて鎮静剤なしの胃カメラを受けることがよいでしょう。

スポンサーリンク