胃カメラの鎮静剤が効きすぎる場合

胃カメラの鎮静剤が効きすぎる場合

胃カメラの鎮静剤が効きすぎる場合について

胃カメラ検査を楽に受けるために近年では鎮静剤を使用し痛みを軽減し楽に検査を受けることが出来るようになりました。初めて受ける方や嘔吐反射が強い方は検査中に苦しい思いをされる事も多いかと思われます。

 

鎮静剤を使用することによって不安や苦痛を感じないため患者さんからも鎮静剤を使用してほしいと希望される方も増加しています。経鼻胃内視鏡は痛みがない検査と言われていますが細かい病変を見つけるには経口胃内視鏡が望ましいでしょう。

 

鎮静剤の効きめは人によって違う?

鎮静剤を使用することによって上記のようにメリットも大きいのですがデメリットもあります。効きめは個人差があり人によっては鎮静剤を使用しても吐き気や痛みを感じ使用する量も多くなります。逆に効きすぎて口に管が通っていることもわからない方や意識もなくなってしまう方もいます。

 

検査終了後も目が覚めず1時間以上眠ってしまい目が覚めてもぼーっとした感覚が続き起き上がろうとしてもなかなか起き上がることが出来ずリカバリー室で2時間以上横になって休んでいてもふらつきが続くといった方も中にはいらっしゃいます。

 

鎮静剤の効きめが強すぎて抜けるのに時間がかかり検査を受けた夜も身体が重く副作用で嘔吐することや食事も摂れない方などもいます。完全に抜けるまで翌日のお昼までかかる場合もあります。

 

効きすぎた場合の副作用

問診前に今までに鎮静剤を使用して副作用があった場合や現在飲んでいるお薬や持病、アレルギーがある方は必ず報告しなければいけません。鎮静剤が効きすぎた場合は呼吸や血圧に影響することもあります。安全に検査を受けるためにも鎮静剤の使用量は病院側も一定の基準で判断するため人によっては効きめが悪いこともあります。

スポンサーリンク