胃カメラの鎮静剤の副作用やリスク

胃カメラの鎮静剤の副作用やリスク

胃カメラの鎮静剤の副作用やリスクについて

胃カメラが楽に受けることが出来るのはご存知でしょうか。

 

検査を受ける際に苦しくないかと不安になる方もたくさんいらっしゃいます。

 

その不安を軽減するために鎮静剤を使用して楽に検査を受けることが出来て「いつの間にか終わっていた」「検査中寝たような感覚で痛くなかった」とおっしゃるくらい苦痛のなく検査を終えることができます。

 

副作用やリスク

鎮静剤は麻酔の一種ですので使用する際は副作用やリスクを伴います。鎮静剤を使用しての検査を行う病院も増えてきましたが副作用の発生ケースも多くなり使用する際は注意が必要となります。

 

検査中は自動血圧計、パルスオキシメーターを装着し患者さんの顔色や呼吸を見ながら検査を行っていきます。

 

鎮静剤を使用することによって呼吸にも影響するため呼吸抑制、循環抑制、覚醒遅延などの副作用を注意する必要があります。検査前に持病のある方、薬を服用中の方、アレルギー体質、ぜんそくのある方は必ず医師に伝えて下さい。

 

検査後は目が覚めてもぼーっとして目が覚めても眠気やふらつきで起き上がるのもできない方もいらっしゃいます。自分ではしっかりしているつもりでも覚醒には時間がかかるため転倒など起こりやすく注意が必要です。

 

検査終了後はリカバリー室で1〜2時間しっかりと安静しなければいけません。休憩後も自動車、バイクで帰ることは危険が高いため絶対に自分で運転して帰ることは止めて下さい。タクシーやご家族の方に迎えにきてもらうようにして下さい。

 

麻酔の薬や胃の動きを止める薬を使用しているため具合が悪くなることがあります。検査1時間後から食事は可能ですが少量の水を飲んでも体調が悪くならないのを確認してから飲食をして下さい。

スポンサーリンク