胃カメラの鎮静剤と血圧低下

胃カメラの鎮静剤と血圧低下

胃カメラの鎮静剤と血圧低下について

胃カメラを楽に受けるために鎮静剤を使用して体の緊張や不安を軽減し苦痛のない検査を受ける事が出来るようになりました。

 

今までは喉の麻酔のみでは嘔吐反射が強く出る方も多く検査自体がスムーズに進まないこともあります。鎮静剤を使用することで眠ったような状態で検査を受けるので「いつの間にか検査が終わっていた」「検査はいつ始まるのでしょうか」と検査自体記憶のない方もいらっしゃいます。

 

鎮静剤の効果は人によって異なり少量で効果が強く出たり、逆に鎮静剤が効きにくい方もいます。

 

鎮静剤を使用する一定量は決まっているため効きにくいからといって大量の鎮静剤を使用することは患者さんにとって安全とはいえません。

 

鎮静剤による偶発症

鎮静剤により眠ったような状態になるため偶発症が起こりやすく血圧低下、不整脈、呼吸が浅くなるなどの副作用が高齢者に出やすいことがあります。このような症状は多くはなく非常にまれなものであり、一時的なものがほとんどですが緊急対応によって命が助かることもありますが障害が残る可能性もあります。

 

検査中は血圧、脈拍、呼吸状態をモニターでチェックしながら検査を行い、検査中に偶発症が起こることがあれば酸素投与、鎮静剤を中和する薬を投与します。

 

検査後も眠気が続くことやめまいやふらつきといった症状など残るため、自分ではしっかりしたつもりでも体は覚醒していない状態ですのでリカバリー室で1〜2時間はしっかりと休んで帰宅するようにして下さい。当日の車やバイクの運転は非常に危険ですのでタクシーやご家族の方に迎えに来てもらうようにして下さい。

 

下記の症状をお持ちの方

  • 過去に歯科治療での麻酔やアレルギー症状をお持ちの方
  • 気管支喘息、心臓病、内臓疾患をお持ちの方
  • 現在服薬中

 

以上項目が当てはまる方は検査前に必ず医師に申し出て下さい。

スポンサーリンク