胃カメラの鎮静剤と不整脈

胃カメラの鎮静剤と不整脈

胃カメラの鎮静剤と不整脈について

胃カメラの苦しい理由

今までに胃カメラを受けられた方は苦しかった、二度と受けたくないと感じられる方も多くこれから初めて受ける方は受けたくないと不安を感じて躊躇する方もおられるのではないでしょうか。

 

胃カメラの検査はのどの痛みを抑えるために麻酔薬を使用します。病院によってはどろっとした液体をのどの奥にためてしばらくするとのどがしびれてくるので口に含んだ麻酔薬を吐き出す方法かスプレー式の麻酔薬をのどの奥に何回か噴射する方法などがあります。

 

しばらくすると麻酔薬が効いてきますので細い管を通しながら食道までカメラを入れますが喉の奥が狭い方はどうしても苦しくなります。

 

のどの部分を通す時に嘔吐反射が起こりえずきが出やすくなってしまいます。肩に力が入り緊張するとますますのどに力が入るため、胃カメラがのどの奥に入りにくくえずきも強くなってきます。

 

えずきが起こしやすくなる病気

えずきが強くなってきますと不整脈、狭心痛、血圧の上昇が起こりやすくなりますので持病をお持ちの方は必ず検査前に医師に伝えて下さい。えずきが強く出て苦しさのあまり自分で胃カメラを抜いてしまう患者さんもいるくらい苦痛が強ければ検査もスムーズに行う事が出来ません。このえずきをおこさないために工夫が必要となります。

 

不安や痛みを軽減するためにも鎮静剤を使用し眠った状態で検査を行います。ただし鎮静剤だけでは不整脈や高血圧などの持病をお持ちの方は鎮静剤のみだけではなく嘔吐反射や不快感を抑えるオスピタンを併用します。検査中は医師がモニターを見ながら検査を行うため不整脈発作や心不全が起こりにくくなります。

 

検査前に医師に必ず不整脈、狭心症の方、高血圧をお持ちの方は必ず医師にお伝えしなければいけません。

スポンサーリンク