胃カメラの鎮静剤と喘息

胃カメラの鎮静剤と喘息

胃カメラの鎮静剤と喘息について

胃カメラは苦痛を伴う検査だと言われてしました。嘔吐反射の強い方はえずきが苦しいことや苦しいのではないかと不安になり検査がスムーズにいかない事が多くみられていましたが現在では出来るだけ楽に安全に受けられるように鎮静剤を使用して検査を行う病院が増えてきました。

 

胃カメラに慣れている方は必要ありませんが嘔吐反射がひどい場合や不安の大きい方にとっては肩の力が抜けてリラックスした状態で検査が受けることができます。ただし基礎疾患を持っている方や服薬中の方については検査で薬剤を使用できない場合もあるため事前に医師に伝えなければいけません。

 

喘息を持っている方は胃腸の調子が悪く胃カメラ検査を受けたいけれども受けられるか心配になるかと思われますが、安心して受けることが出来ます。

 

喘息を持っている場合は麻酔や鎮静剤が使用できるのか

キシロカインのアレルギーがある場合は事前に医師に申し出る必要があります。

 

キシロカインを使用するのどの麻酔は過敏症を起こす可能性があり、アレルギーを持っている方は注意する必要がありますが今まで抜歯などで麻酔を使用し体調不良を起こしていなければ問題はないと言われています。

 

喘息の方はのどの麻酔だけでは咳こんでしまうことや「もしかして喘息がおこるのではないか」といった不安で肩に力が入り検査がなかなかうまくいかない場合があります。

 

この場合鎮静剤を使用して痛みや不安を軽減して楽に検査を受けることができますが、喘息の方全てが使用できるとは限りません。

 

薬剤によっては使用できないものもあり今までで薬剤によって具合の悪くなった方は必ず申し出るようにして下さい。

 

検査当日は喘息の薬を服用している方は当日の朝に内服するように、など医師からの指示がありますので従って服用して下さい。

スポンサーリンク