胃カメラの太さ・サイズ

胃カメラの太さ・サイズ

胃カメラの太さ・サイズ

胃カメラにはサイズがあります。最近では高画質の内視鏡のカメラなどもあり、昔よりも検査しやすくなっていると言われています。最近の胃カメラの太さとサイズは今はどのようになっているのか、昔の胃カメラのサイズはどのくらいのサイズのものが多かったのか、内視鏡の胃カメラの特徴とはどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

最近の胃カメラの太さとサイズはどうなっているのか

最近は胃カメラ鼻からの内視鏡で検査するものが主流になってきており、太さは5mmでサイズも細いものが増えています。5mm程度のサイズであれば、検査中に苦しむこともなく内視鏡も細いだけでなく柔らかくなっていることから辛さもなく検査を終えることが出来ます。

 

昔の胃カメラの太さとサイズはどのようなものだったのか

昔は胃カメラは口から入れるものが主流で、とにかく太かったようです。10年前くらいに胃カメラを受けたことがある人は、喉になかなか入らないくらいの太さなのに無理やり入れられることでおえっとなることが多々あり、二度とやりたくないと思う人が多かったと言われています。

 

内視鏡の胃カメラの特徴について

内視鏡の胃カメラは鼻から入れることができ、また5mmという細いものを入れるため、それほど苦痛を感じることなく進めることが出来るという特徴があります。また鼻から挿入されるため、吐き気なども感じることなく検査中に医師と会話まで出来ます。

 

胃カメラは昔と今では全く違うものになっていて、昔は口から入れるものでサイズも太くとても苦しくてつらい検査でしたが、今では内視鏡で鼻から入れる胃カメラが主流となってきていて、吐き気なども感じることなく、辛い思いもそれほどすることなく検査することが出来るように変わってきています。

スポンサーリンク