胃カメラと看護

胃カメラと看護

胃カメラと看護

胃カメラの検査をする時には、検査は医師がするものですが、看護師が看護しながら検査する必要があります。胃カメラの検査の看護の手順とはどのようにするものなのか、胃カメラの検査の管理はどのようなことをするものなのか、胃カメラの検査で観察する項目とはどのようなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの検査の看護の手順とは

胃カメラの検査をする時には看護する看護師は患者さんに対して説明することがあります。胃カメラというものはどのような検査なのかということ、必要がある時には生検なども行わなければならないということ、辛い思いをしないようにリラックスしてもらうようにする事などを手順を踏んで説明する必要があります。

 

胃カメラの検査の管理とは

胃カメラを受けてもらう前に説明とともに管理しなければならないことがあります。前の日の夜9時以降は飲食が禁止になるということなどを説明して守ってもらうということです。他には検査の当日は、飲食や喫煙などすべて禁止です。他には患者さんの病歴などの管理、感染症の有無などの管理、バイタルサインなどの測定の管理をする必要があります。

 

胃カメラの検査で観察の項目とは

胃カメラの検査の途中で、嘔吐・吐血・下血がないかどうか、血圧が下がったり頻脈が出ることはないかなどの観察をしながら検査を見守る必要があります。他にはお腹が張ったり、腹痛はないか、発熱していることはないかの観察も必要です。

 

胃カメラの検査は医師がするものですが、横で看護師が看護しながら観察していく必要があります。

 

事前に検査の手順を説明したり、管理しなければならないことを説明したり、患者さんの様子が変わったことはないかなどを見ていく仕事などもあります。

スポンサーリンク