胃カメラと内視鏡には違いはあるのか

胃カメラと内視鏡には違いはあるのか

胃カメラと内視鏡には違いはあるのか

昔は口から入れる胃カメラが主流でしたが、最近では内視鏡で検査することが増えているようです。胃カメラと内視鏡の違いはどのようなものがあるのか、現代で胃カメラと言われているものは全て内視鏡ということなのか、胃カメラの検査を受けるにあたって当日注意しなければならない事とはどんなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラと内視鏡の違いはどこにあるのか

昔使用されていた胃カメラは、字のごとく胃の中に小型カメラをつけたものを入れて胃の中を撮影するという方法で、現像した後にしか診断することはできません。一方現代の主流である内視鏡はグラスファイバーを用いた機器で、胃の中がリアルタイムで見ることができ、診断もすることが出来るものです。

 

胃カメラは現代では全て内視鏡なのか

胃カメラの検査というと、今でもカメラを飲むといったような発想を思い浮かべる人が多いと思いますが、それは遠い昔の検査方法で、今はすべて胃の中を撮影する検査は内視鏡検査となっています。一般人からみると胃カメラのイメージが大きすぎるため、内視鏡で検査していると分かる人は少ないようです。

 

胃カメラの検査を受ける時に注意したいこととは

当日は朝から飲食は禁止で前日も21時以降は飲食禁止です。飲食をしてしまうと検査を受けることができなくなるため必ず守らなければなりません。当日は水のみ飲んでもいいですが、飲み物も他のものは禁止でもちろんタバコも禁止です。

 

胃カメラの検査は今でもカメラを飲むと思っている人が多いようですが、今の時代では内視鏡で検査が行われています。カメラを飲んでいる時代は相当昔のことなので、今はつらい思いをして検査を受ける事も少ないようです。

スポンサーリンク