鎮静剤なしで胃カメラ検査を行う場合

鎮静剤なしで胃カメラ検査を行う場合

鎮静剤なしで胃カメラ検査を行う場合

胃カメラの検査をする時には鎮静剤を使用する場合と、鎮静剤なしの場合があります。鎮静剤なしの場合ですと、辛くて苦しいと思う人もいるようですが、どうして鎮静剤なしだと胃カメラはつらい思いをするものなのか、鎮静剤を使用しない場合にはどのような対処法が必要なのか、鎮痛剤を使用するのであればどんなメリットがあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで鎮静剤をなしで検査する場合なぜ辛いのか

鎮静剤を使用しないで胃カメラの検査をすることになると、まず内視鏡がのどを通る時にとても不快感を感じることがあります。気持ちが悪い状態がずっと続くために辛い思いをすることになるでしょう。また、胃の中に空気が入ってくることによって、さらに息苦しいような胸が苦しいような感じがすることがあります。

 

胃カメラで鎮静剤を使用しない時の対処法について

鎮静剤を使用しないで胃カメラ検査をする時には、出来るだけ苦しい思いをするような間は我慢する、ということになるでしょう。どうしても鎮静剤を使用するとぼーっとしたりするのが苦手な人もいますので仕方がないでしょう。また、鎮静剤を使用すると終わった後に休む時間を作らなければならないため、そのような時間などが取れなかったりする人は我慢するしかないようです。

 

鎮静剤を使用するメリットとは

胃カメラの検査をする時に鎮静剤を使用すると、痛みや不快感を感じることがないため、検査でひだとひだの間をきちんと観察できるというようなメリットなどがあります。

 

副作用を気にするような人などは、胃カメラ検査をする時に鎮静剤なしで検査することがありますが、検査中は不快感を感じたり吐き気などをもよおすような苦しいことも多々あるかもしれません。中にはあまり痛みなど苦しさを感じない人もまれにいるようです。

スポンサーリンク