胃カメラ検査中のおなら

胃カメラ検査中のおなら

胃カメラ検査中のおなら

胃カメラ検査中には胃の中に空気をいれていくため、おならが出ることがあります。胃カメラ検査中や検査後にはおならは出るものなのか、胃カメラの内視鏡検査は口からのものと鼻からのものとあるものなのか、胃カメラ検査をする事で大事なこととは何なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査でおならが出ることはあるのか

胃カメラの検査をすると、胃の中をきちんとすみずみまで観察することになります。そうなると自然に空気が入りそのせいでおならでたくさん出ることがあります。どちらかというと検査中よりも検査後にもたくさんのおならが出るようですが、個人差があるでしょう。

 

胃カメラ検査は鼻からのものと口からのものがあるのか

胃カメラの内視鏡検査は、最近では鼻が入れて検査するものが増えてきていて、この場合鎮静剤を使用しなくてもあまりつらい思いをせずに検査を終了することが出来るとも言われています。いっぽう口から胃カメラをいれる内視鏡検査は、どうしても喉の奥から食道を通過する時に不快感を感じる人が多く、つらくて苦しい検査となっているようです。

 

胃カメラ検査をする時に大事なこととはどのような事か

胃カメラ検査をする時に口からの検査などで不快感があまり強い場合には、胃の中をすみずみまで見ることが出来ず早めに検査を終わらせてしまう、ような事が起こることもあります。検査はすみずみまで十分観察する必要があるため、一度胃カメラをやってあまりに辛い思いをした人などは、二回目などからは鎮静剤使用を考えた方がいいこともあります。

 

胃カメラ検査はお腹の中に空気がたくさん入ることで、おならが出ることがあります。とても恥ずかしいと感じることがあるかもしれませんが、胃カメラ検査を受けている人はほとんどの人に出る症状で、特に恥ずかしいことでも何でもないのであまり気にせず検査を受けると良いです。

スポンサーリンク