胃カメラ検査中のげっぷ

胃カメラ検査中のげっぷ

胃カメラ検査中のげっぷ

胃カメラ検査中にはげっぷを我慢してください、と言われることがあるようです。どうして胃カメラ検査中はげっぷをがまんしなければならないものなのか、胃カメラの検査は保険が効くものなのか、胃カメラを受けるコツのようなものはあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査中はどうしてげっぷを我慢するものなのか

胃カメラ検査中にはげっぷが出そうになることがあります。検査中にげっぷを我慢してください、と言われることがありますがどうして我慢しなければならないのかというと、胃カメラ検査は胃を膨らませて検査を行うため空気が入ってきます。げっぷをしてしまうとその空気が漏れてしまうことで検査時間がのびてしまうことがあります。そのためげっぷは出来るだけ我慢してと言われるようです。

 

胃カメラ検査は保険適用なのか

胃カメラは健康診断などでも行われる検査ですが、病気などの診断などに使用される場合の胃カメラの検査はきちんと健康保険が適用されます。健康診断のような健康かどうかの診断の際には保険がききません。

 

自分の保険の割合で支払いが決まります。

 

胃カメラを受けるコツはあるものなのか

胃カメラを受ける時に口からの場合にはとても不快感を感じる人が多いとも言われています。検査を受ける時の服装は締め付けるような服装は避けて、のどを通る時に辛さを感じることが多いので、のどの麻酔を奥の方でいきわたるようにすると、多少の不快感を避けられることがあるようです。

 

胃カメラの検査中にげっぷがでてしまうようなことがあると思いますが、出来るだけ我慢と言われることがあります。げっぷをしてしまうと胃の中の空気が漏れるため、げっぷは出来るだけしないでください、と言われるようです。

スポンサーリンク