胃カメラ検査で分かることは何か

胃カメラ検査で分かることは何か

胃カメラ検査で分かることは何か

胃カメラの検査はどのような時に行われるのかというと、病気を疑うような症状があり病気を発見するために行う場合と、病気はとくにないけれど健康チェックのために検査する時があります。胃カメラ検査はどのような病気が分かることがあるものなのか、胃カメラ検査はどのくらいの年齢で検査しておいた方が良いものなのか、鼻から入れる胃カメラの内視鏡検査のメリットとはどんなところにあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で分かることとはどんなことなのか

胃カメラ検査をすることで、さまざまな病気を発見することが出来ます。胃の中を念入りに見ることが出来るため、胃や食道が主な病気を探すための検査です。胃ガン・食道ガン・十二指腸癌・胃潰瘍・十二指腸潰瘍慢性胃炎・急性胃炎・逆流性食道炎・ヘリコバクターピロリ菌などの病気が分かります。

 

胃カメラ検査はいくつくらいの年齢で受けた方が良いのか

特に胃の中に病気などがないとしても、健康のために胃の中の検査は35歳くらいから定期的に検査をしておいた方が良いでしょう。病気が発見されても早期発見であればあるほど良いとされています。

 

親族などに胃ガンなどの病気などがある場合には、早い段階からの検査をおすすめします。

 

鼻からの内視鏡のメリットとは

口から入れる胃カメラはとてもつらいことも多く、鎮静剤を使用した方がいい事もありますが、鼻からの内視鏡はとても細い内視鏡を使用しているため、違和感も少なく痛みなども比較的なく、体に負担の少ないところがメリットといえるでしょう。

 

胃カメラ検査では主に胃の中を詳細にみるため、胃と食道に関わる病気を発見することが出来ます。

 

病気を疑ってから検査をすることもありますが、家族などに胃ガンなどの病気の人などがいる人は早い段階から胃カメラ検査をしてチェックしていくと良いでしょう。

スポンサーリンク