胃カメラとバリウム、どっちがいい?

胃カメラとバリウム、どっちがいい?

胃カメラとバリウム、どっちがいい?

胃カメラとバリウムは検査は同じことが目的なため、どちらか選ぶことができる病院もあります。胃カメラとバリウムはどっちがいいのか、バリウムの検査とはどのような検査のことなのか、胃カメラとバリウムはどちらがどのくらいの費用が大体かかるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラとバリウムの検査どっちがいいのか

胃カメラとバリウムは検査の目的は同様ですが、手技が全く違います。違和感は両方多少味わうことにはなるかと思いますが、痛みが少ないのはバリウムで時間が短いのもバリウムの方です。しかし鼻などからの胃カメラの場合で、時間などは気にしないという人などは比較すると同じ条件になるかもしれません。詳細に念入りに検査したいのであれば胃カメラの方が良いでしょう。

 

バリウム検査とはどのような内容の検査のなのか

バリウム検査とは、上部消化管造影検査とも言われる検査で、バリウムを飲んでX線を照射しながら検査する方法です。検査をしながら流れをみることになるので、胃カメラとはまた違った角度で胃の内容などを見ることが出来ます。検査にかかる時間はとても短く7分くらいで終了することが出来ます。

 

バリウムと胃カメラの費用について

胃カメラ検査は胃カメラのみだとだいたい保険3割負担で5.000円くらい、ピロリ菌検査が含まれると6.000円くらいになります。組織検査がさらに加わると10.000円前後になります。一方バリウムの検査は診察代などを全ていれると胃カメラのみと同じくらいの5.000円前後になります。

 

胃カメラとバリウムはどっちがいいのか、違和感の違いなどもあるため比べることは難しいですが、出来るだけくわしく検査をしたいのであれば、胃カメラの方が良いです。また痛みにとても弱くとりあえず検査してみたいというのであればバリウムの方が良いでしょう。

スポンサーリンク