胃カメラとピロリ菌の検査

胃カメラとピロリ菌の検査

胃カメラとピロリ菌の検査

ピロリ菌とは胃の中にある細菌です。大人になってからではなく、こどもの頃に感染すると言われています。そのままピロリ菌がいる状態でいると、胃炎になったり胃ガンを発症したりすることがあるので除菌する必要があります。ピロリ菌検査では胃カメラを使用する場合と使用しない場合があります。

 

胃カメラ使用のピロリ菌検査とはどのような方法なのか、胃カメラを使用しないピロリ菌検査はどのようなものか、ピロリ菌検査は費用はどのくらいかかるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ使用のピロリ菌検査とはどんなものなのか

胃カメラは胃の中を念入りに検査することが出来るため、ピロリ菌の検査を胃カメラですることが出来ます。胃の中に炎症が起きていないかを見たり、潰瘍などが出来ていないかなどを調べていくことが出来ます。内視鏡を用いる検査としては培養法・鏡検方・迅速ウレアーゼ試験などがありますが検査の中心は迅速ウレアーゼ試験が簡便で精度も高いです。

 

胃カメラ使用しないピロリ菌検査とはどのようなものか

内視鏡を使用しなくてもピロリ菌検査はすることが出来ます。尿検査・採血検査・尿素呼気試験・便中ピロリ菌抗原測定という検査で検査することが出来ます。この中で正診率が高いと言われている検査は便中ピロリ菌抗原測定と尿素呼気試験です。

 

ピロリ菌検査の費用はどの程度かかるのか

ピロリ菌の検査は保険の対象外の検査になるため、保険適用にはならないため費用は全額負担になります。

 

ピロリ菌がいてピロリ菌の除菌療法をする場合には、その範囲は保険適用になります。

 

ピロリ菌の検査をする場合には胃カメラ使用する場合と、胃カメラを使用しない検査があります。

 

胃炎などが続いている人がいたら、一度ピロリ菌の検査をすることをおすすめします。

スポンサーリンク