胃カメラ検査中のポリープ切除

胃カメラ検査中のポリープ切除

胃カメラ検査中のポリープ切除

胃カメラ検査中にポリープを発見した場合にはポリープを切除することがあります。一般的に胃ポリープは良性の場合手術などをすることなく、そのままにして経過観察をすることが多いですが、胃カメラ中に発見した場合にはすぐに切除することが出来るため切除を行うことがあります。胃カメラ中のポリープ切除とはどのようなものなのか、ポリープが良性の場合とはどのような場合か、ポリープが悪性な場合とはどのような場合か、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査中にポリープ切除はどのようにするのか

胃カメラを通して、ポリープに器具をひっかけるようにして切除していきます。引っかけたところを焼き切る感じで切除します。入院などをする必要はまったくなく切除したら終わりです。ポリープの大きさがとても大きいような場合などには、入院が必要な場合もあります。

 

ポリープが良性だった場合とはどのような場合か

良性のポリープは特にそのまま放置しても何の問題もないですが、有茎性と無茎性があり、無茎性だった場合には悪性の場合があるため切除することが多く、良性の場合でも大きさが2センチを超えるような大きな場合や、出血が起きている場合には切除します。

 

ポリープが悪性だった場合にはどのようにするのか

悪性のポリープの場合には、ガン細胞が含まれていることが多いため、早急に手術で切除する必要があります。それだけではなく胃以外にもひろがっていないか、他にも癌が転移していないかなどを念入りに調べていく必要があります。

 

胃カメラ中にポリープを発見したら、その場ですぐにポリープ切除することが出来るため切除することが多いでしょう。ポリープは良性と悪性があり、悪性の場合には命に関わることがあり、早急に切除して他にひろがっていないかどうかなど詳細に調べる必要があるでしょう。

スポンサーリンク