胃カメラ検査で異常なしと言われても問題がある場合

胃カメラ検査で異常なしと言われても問題がある場合

胃カメラ検査で異常なしと言われても問題がある場合

胃カメラ検査をして特にどこにも異常なしと言われたのに、吐き気や不快感が続いていたり問題がある場合があります。胃カメラで異常なしと言われているのに考えられることとはどんなことなのか、異常なしで不快感が残る場合にはどのようにすればよいのか、胃カメラでも発見できない病気はあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラで異常なしと言われても考えられる問題とは

胃カメラ検査をして特に問題がないと言われても、そのまま生活をつづけていたところ不快感が残っていたりすることがあります。そのような時には機能性胃腸症や機能性胃腸障害という病気の可能性があります。どちらも検査をしても特に異常がみられないのに、胃の不快感だけはずっと良くならないような状態をいいます。

 

胃カメラ異常なしで症状が残る場合解決法とは

病院で胃カメラ検査までして異常がないと出ていても、胃痛などがあったり不快感が残っている事などはきちんと医師につたえることが大切です。症状が変わらないために何か使用できる薬などはないのかなどを相談して解決してもらうと良いでしょう。

 

胃カメラで発見ではない病気はあるものか

胃カメラは病気を全て見つけることが出来るわけではなく、粘膜の中のほうまではみることが出来ない場合があります。異常はなくても何か気になるという時に、スキルス性胃ガンの場合があります。スキルス性胃ガンは進行がとても早いガンなので見つかった時には症状が進んでいるということもあるでしょう。

 

胃カメラ検査をしてとくに異常はないと言われても、不快感や胃痛が残っている場合があります。胃カメラで発見できない病気もありますので、胃カメラをして異常がなかったから安心と思わず、きちんと症状が残っていることは医師に伝えるようにすると良いでしょう。

スポンサーリンク