胃カメラ検査と胃がん

胃カメラ検査と胃がん

胃カメラ検査と胃がん

胃カメラ検査はたくさんの病気を見つけることが出来る検査ですが、中には見つけられない病気もあります。胃カメラで見つけにくい胃がんの病気とはどのような病気なのか、胃がんは早く見つけた方がいいものなのか、胃カメラで胃がんの発見率はどのくらいなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で見つけにくい胃がんとはどのようなものか

胃カメラ検査では胃がん特にスキルス性胃がんは見つけにくいと言われています。どうしてかというと、粘膜層の下の部分に広がりを見せるがんなので、表面に異常がでにくく発見しにくいと言われているからです。ですから胃カメラでも発見できず、症状がある程度進行してから発見されるというようなことがあります。

 

胃がんは早期に見つけた方がいいのか

胃がんや進行がんは、がんになるまでにだいたい3年くらいから4年くらいかかると言われています。ですから毎年きちんと胃カメラなどの検査をしたり他の胃についての検査をしているのであれば早期に発見されることがあります。

 

がんが大きくなればなるほど進行の速さなどははやくなりますし、年齢などでも変わってきます。早期に治療をすると生存率もあがるため出来るだけ早期発見が大事なものとなります。

 

胃カメラで胃がんの発見率はどの程度になるのか

胃カメラで胃がんの早期がんを見つける発見率は90%以上となっているため、普通の早期がんを見つけるには胃カメラが最適です。しかし進行がんのスキルス性胃がんなどは、胃カメラでもたった2%くらいしか発見することが出来ないと言われているため、なかなか早期に見つけることは難しいです。

 

胃カメラ検査で胃がんが発見されることがあります。胃がんは早期がんであれば、早期に治療をすれば治る確率が高いとも言われています。しかしながら進行性のスキルス性胃ガンは、なかなか粘膜の下に隠れているため胃カメラでも発見することが出来ないことが多く、見つかった時にはすでに進行しているということも多々あるがんです。

スポンサーリンク