胃カメラ検査による下痢

胃カメラ検査による下痢

胃カメラ検査による下痢

胃カメラ検査をする前にはいろいろな薬を飲んだり麻酔をしたりします。胃カメラ検査後に人によっては下痢や嘔吐が起こることがありますが、これは胃カメラ検査の薬の副作用によるものなのか、胃カメラ後の食事はどのようなものを食べたら良いのか、胃カメラの後に注意した方がいい事とはどんな事か、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査による下痢は副作用といえるのか

胃カメラ検査をする時には胃の中の泡をおさえる薬を飲みます。そしてゼリー状の麻酔をしたり、胃のうごきを止めるための薬を飲むようになっています。この検査薬を飲むことで検査後に下痢になることがあると言われています。薬による副作用であったり、胃の中を止める薬を飲んだのにもかからわず食事をとってしまうことで下痢になってしまったりすることがあるようです。

 

胃カメラ後にどのような食事を摂ったら良いのか

胃カメラ検査後は麻酔が切れるまでだいたい1時間くらいかかりますが、その後は特に好きなものを食べても良いことになっています。しかし胃の中を検査した後ですので、出来るだけ消化の良い食べ物などを食べると良いでしょう。お粥やうどんなどが消化が良いとされています。また、その日はアルコールや刺激物になるようなものは摂取しない方が良いでしょう。

 

胃カメラをした後に気を付けることとは

胃カメラ検査をした後には薬の副作用が出たり、嘔吐などの反応が出たり、倦怠感などの症状があらわれることがあるため、出来るだけ予定は入れないようにしてゆっくり休むことが大切です。無理しないようにしましょう。

 

胃カメラ検査をした後に下痢や嘔吐などの症状があらわれる場合があります。検査のための薬などの副作用と言われていますが、個人差があるので人によって症状も変わってきます。出来るだけ検査後はゆっくり休養するようにして、消化の良い食べ物を摂るようにすると良いです。

スポンサーリンク