胃カメラ検査が可能なのは何歳からなのか

胃カメラ検査が可能なのは何歳からなのか

胃カメラ検査が可能なのは何歳からなのか

胃カメラ検査は大人の検査と思われがちですが、実際子供も胃カメラをする場合があります。胃カメラ検査が可能なのは何歳くらいからなのか、子供が胃カメラをする場合にはどのようにするものなのか、大人が検診目的のために胃カメラをするのは何歳くらいからなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査が可能なのは何歳くらいからなのか

胃カメラ検査は子供でもすることがあります。子供でも胃の病気になることがあるからです。実際何歳くらいからというのははっきり決められているわけではないですが、小学生であれば行うことがあります。あまりにも小さな子供の場合には胃カメラは不快感を感じることが多い検査なので、行わないことがあります。小学生くらいの年齢から可能ということです。

 

子供が胃カメラをする時にはどのようにするものなのか

子供が胃カメラ検査をする場合には、大人と違って点滴で全身麻酔をして検査をする場合があります。不快感を感じる検査のため、途中で子供が暴れてしまっては検査にならなくなってしまうからです。全身麻酔のために受けるかどうかは、良く検討してから医師とも話し合って決めると良いでしょう。

 

大人が検診目的のために胃カメラをする年齢は

特に胃がおかしいという感じはないけれど毎年胃の検査の定期検診をしておきたいのであれば、35歳くらいから検査をすると良いでしょう。年齢を重ねるごとにガンなどの発症率が増えていくからです。また早期発見であれば早期ガンは治る確率が上がることがあります。家族などに胃ガンを患った人がいる場合には毎年検査を受けた方が良いです。

 

胃カメラ検査は胃の病気を疑う場合などには子供でも検査をする場合があります。子供の場合は全身麻酔を使用して検査する場合などもあり、病院によって変わってくることもあるためよく相談してから受けると良いです。大人の定期検診の場合は35歳くらいから受けるのが一般的です。

スポンサーリンク