胃カメラと血液検査

胃カメラと血液検査

胃カメラと血液検査

胃カメラを受ける時には事前に血液検査をすることがあります。どうして胃カメラ検査をする時に血液検査が必要なのか、胃カメラのための感染症の検査とはどのような項目なのか、血液検査で感染症が分かったらどのように対応するものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査をする前の血液検査をする理由とは

胃カメラ検査をする前にはまず感染症にかかっていないかどうかを調べる必要があります。その項目を調べるために血液検査をするのです。胃カメラ検査をする直前に他の病院で事前に感染症の検査をしていて結果が出ているのであれば、胃カメラ検査をする病院であらたに検査せずにすぐに検査をする場合もあります。

 

胃カメラ検査のためにする感染症検査の項目とは

胃カメラ検査のためにする感染症の検査とは、肝炎ウイルス・梅毒・B型肝炎・C型肝炎などの項目になります。万が一検査の時に感染症があると、肝炎ウイルス肝炎になることもあるため事前に検査が必要なのです。

 

胃カメラで血液検査をして感染症が分かったらどのようにするのか

血液検査をして感染症が分かったら、感染症がない人の後に検査をすることになったり、使用する機器を変えたりする必要が出てきます。内視鏡検査のガイドラインがあるため洗浄方法には決まりがあり、感染症がある人には念入りに内視鏡を洗浄することで、内視鏡での感染を防ぎます。安全に検査をするためにも感染症の有無はとても大切な検査なのです。

 

胃カメラを受ける時には感染症にかかっていないかどうかの血液検査が必須となります。もしも検査をしないような事があるとするならば、事前に違う病院で直前に検査が行われていて、再度する必要がない場合には血液検査をしない場合もあります。

スポンサーリンク