口からと鼻からの胃カメラ検査はどちらがよいのか

口からと鼻からの胃カメラ検査はどちらがよいのか

口からと鼻からの胃カメラ検査はどちらがよいのか

胃カメラの検査は口か鼻のどちらかからも検査をすることが出来ます。口からと鼻からの胃カメラ検査はどちらがよいのか、口からと鼻からの検査を比べてどちらの方が痛みがあるものなのか、口からと鼻からの検査でデメリットがあるとしたらどちらの方があるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査は口からと鼻からどちらから検査した方が良いのか

胃カメラの検査は体質などによっても合う合わないがあるかと思いますが、口からの検査をすると吐きそうになったり不快感を感じる人が多いのにくらべ、鼻から検査をすると鼻の粘膜を保護するような前処置をきちんとすることから楽だったという意見が多いようです。あまり苦しい思いをしたくないという人は鼻からの胃カメラの検査が良いです。

 

しかし鼻腔が曲がっていたり、鼻腔がせまいような人は鼻からの検査が出来ないことがあり、口からの検査になることがあります。

 

口からと鼻からどちらの方が胃カメラ検査痛みがあるものなのか

口と鼻どちらからの検査が痛みが少ないのかというと、鼻からの胃カメラ検査の方が痛みなどもないと言われています。しかし鼻に炎症があったり、鼻の粘膜がとても弱い人などが鼻から胃カメラをやった場合には、辛さを感じることがあるようなので、痛みを感じることもあるかもしれません。花粉症などがあっても鼻からの検査をすることは可能なので、鼻に疾患がない人は鼻からの胃カメラ検査の方が痛みを感じなくて済むようです。

 

胃カメラの検査は口からと鼻からどちらにデメリットがあるのか

一般的には口から胃カメラをするととても不快感があり、吐き気があったりずっと苦しい思いをしたりデメリットばかりと感じる人が多いようです。また、他にデメリットとしては口からの検査後ですと鎮静剤を使用するため暫く朦朧とすることがあり、仕事にすぐ戻るということが出来ません。鼻からの検査の場合も、鼻血が出たり鼻の中に痛みを感じることがありどちらもそれぞれデメリットはあるものです。

 

 

胃カメラ検査は口からした方が良いのか鼻から検査した方が良いのか悩む場合があると思います。鼻に疾患がある場合やもともと鼻が曲がっているような人は、鼻からの検査は避けた方が良いです。特に鼻に疾患がない、というのであれば鼻からの胃カメラの方が不快感が少ないと言われているので、鼻からの検査をお勧めします。体質によっても違いがあるので医師に相談するのも良いでしょう。

スポンサーリンク