胃カメラの再検査

胃カメラの再検査

胃カメラの再検査

胃カメラの検査をした後で問題が見つかり、再検査となる場合があります。再検査になったということは悪性の可能性が高いために再検査をするものなのか、胃カメラの再検査をする時にどんな検査をするのか、胃カメラの再検査となった時に考えたことが良いこととは、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で再検査をする理由はどのようなものがあるのか

胃カメラ検査を受けて問題があることから再検査になる場合があります。胃カメラ検査をした時に、潰瘍などがあるとそこの組織を採取して、どのようになっているのか病理検査に出す場合があります。病理検査でも悪性なのか良性なのか判断できない場合もあります。そのような時に再検査になる場合があります。また、他の胃の病気などや食道炎などの場合が考えられる場合などにも再検査になるようです。

 

胃カメラの再検査はどのようなところを再度検査するのか

胃カメラで再検査となった場合には、ガンを疑うことが多いです。悪性腫瘍が出来ていないか重点的に調べるために再検査を行います。他にもピロリ菌がいないかどうかさらに検査したり、逆流性食道炎になっていないかどうか調べたりするために再検査を行うことがあります。

 

胃カメラの再検査と言われたら

胃カメラの再検査と言われたら「ガン」なのかもしれない、と思ってしまうかもしれません。しかし、再検査だからと言って全ての人がガンであるわけではないです。他の病気を発見するための再検査と考えて再検査を受けた方が良いのです。もしも万が一ガンであったとしても、早期ガンの場合ですと早期発見した方が
治る確立が高くなるため、再検査はすぐにでもきちんと受けた方が良い検査です。

 

胃カメラの検査を受けた後に何らかの問題が見つかった時には再検査となります。再検査と言われるとガンにかかってしまったのではないかと感じる人も多いですが、ガンではなく他の病気が見つかることもたくさんあります。

 

万が一ガンであったとしても、早期発見することはとても大切なので、再検査のお知らせが来たらすぐに受けることをお勧めします。

スポンサーリンク