胃カメラ検査の準備(前処置)

胃カメラ検査の準備(前処置)

胃カメラ検査の準備(前処置)

胃カメラの検査を受ける時には準備(前処理)を受ける必要があります。胃カメラの検査の準備(前処理)とはどのような事を行うのか、胃カメラ検査で前日に決められていることとはどのような事なのか、胃カメラで検査後に注意しなければならない事とはどのような事なのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査でする準備(前処理)とはどのような方法か

胃カメラ検査を受けるためには前処理を受ける必要があります。まず胃の中をきれいにするための薬が入っている水を飲みます。そして喉には痛みを感じなくなるようにスプレータイプの麻酔剤を塗布します。

 

胃の中の動きを止めるための措置をします。そこまでが工程が胃カメラの準備となります。

 

胃カメラ検査で前日決められていることとは

胃カメラの検査をする時には決まりは病院によって多少の違いはあるかもしれませんが、前日の夜は20時以降は食べないようにすることが決められています。水やお茶は飲んでも良いですが、牛乳は禁止です。薬は飲んでも大丈夫ですが糖尿の薬や血流をよくする薬を飲んでいる人は、医師に相談する必要があります。

 

胃カメラ検査後に注意することとは

口から胃カメラをした場合には鎮静剤を使用しているために、1時間ほどは麻酔がきいています。ですからその間は飲んだり食べたりすることは禁止です。1時間経過した後であれば食事することは可能になります。

 

組織検査などをした場合や、ピロリ菌検査をした人などは、運動をしたりアルコールを摂取すること、長時間お風呂に入ることなどは当日禁止となっていますので注意しましょう。

 

胃カメラの検査を受ける時には準備(前処理)が必要となってきます。鼻からの内視鏡の場合には手順が少し変わります。胃カメラの検査は前日や検査後に決められた項目がありますので、きちんと守って検査を受けるようにしましょう。

 

検査の場合はまた変わってきます。

スポンサーリンク