胃カメラ検査と水やお茶などの水分

胃カメラ検査と水やお茶などの水分

胃カメラ検査と水やお茶などの水分

胃カメラ検査をする時には食べ物や飲み物などを制限される場合があります。胃カメラ検査で水やお茶などの水分は当日もとってもいいものなのか、胃カメラ検査で前日に禁止されていることとはどんなことなのか、胃カメラ検査で前日当日タバコはすっていいものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で当日水やお茶の水分は摂取して良いものなのか

胃カメラ検査では当日胃を空っぽにしておかなければならないために、食べ物などは一切禁止となっていますが当日少しの水ならば飲んでも構わないとなっている病院が多いと思います。お茶や乳製品などの水分は摂取しない方が良いでしょう。もちろん他の飲み物も禁止です。水のみ少量なら可能です。

 

胃カメラ検査で前日に禁止されている事とは

胃カメラ検査で前日に禁止されていることは21時以降飲食は禁止です。0時をすぎたら飲み物も水以外のもの、アルコール・ジュース・乳成分が入っている飲料・コーヒー・お茶なども禁止です。21時までは飲食してもいいとはいえ、翌日の検査のためにあまり脂っこい物ではなく消化のいいものを食べた方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査でのたばこについて

胃カメラ検査をする前日や当日にはタバコは禁止しておいた方が良いです。なぜかというとタバコの煙がとけて胃の中に流れることがあるため、喫煙している人はつらいかもしれませんが検査をきちんとするためにも我慢するようにしましょう。

 

胃カメラの検査をする前には、水分を制限されることがあります。水ならば少量当日まで飲むことが出来ますが、他の飲み物は当日は一切禁止です。飲んでしまうと検査がきちんとできないことがあるため、守られたことはきちんと守るようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク