胃カメラ検査の際の生検

胃カメラ検査の際の生検

胃カメラ検査の際の生検

胃カメラ検査の際のに生検がありとなっている場合があります。これは胃のどこかに傷のようなものがついていたり、何かが出来たりしていると念入りにきちんと検査をするということを指します。胃カメラ検査で生検ありの場合にはどこかに異常があるということなのか、胃カメラの生検はどのような手順で行われるものなのか、生検の結果で胃がんがあった場合どのようなことがわかるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査でする生検とは何が異常がある時にするものなのか

胃カメラ検査で生検をするというとは、何らかに病変があると指摘されている場合で、念のために詳しく細胞を採取して検査するということで生検をします。ですから必ず異常があるわけではないけれど念入りにするためにするもの、と思った方が良いでしょう。もしも癌などがある場合には早期発見に役立つことにもなります。

 

胃カメラの生検の手順とはどのようにするものなのか

生検は内視鏡のスコープなどで細胞の一部をメスのような器具を使用して組織を一部切り取りすることをいいます。組織を採取していくのにかかる時間はだいたい30分くらいかかります。その組織を詳しく病理で顕微鏡などでみることで癌細胞があるのかないのかなどの診断をすることが出来ます。生検した人は当日アルコールなどを摂取するのは禁止です。

 

胃カメラの生検で胃ガンが分かった時に生検でわかることとは

生検で検査してもらうと、例えば胃ガンと分かるだけでなく、転移の可能性があるもののガンなのか、転移の可能性が低いガンなのかを正確に判断することが出来ます。しかし検査結果は数週間かかります。

 

胃カメラの生検をすると決まると、どこかに病巣があってもしかしたら、と嫌な予感をもってしまうことがあるかもしれませんが、念のために細胞を採取してきちんと診断するのが生検の目的なので、もしもの場合には早く発見するためのものと考えた方が良いでしょう。

スポンサーリンク