胃カメラ検査当日に気を付けること

胃カメラ検査当日に気を付けること

胃カメラ検査当日に気を付けること

胃カメラ検査の当日には気を付けなければならないことがたくさんあります。当日は飲み物や食事について規制があり、胃カメラ当日に摂ってはいけないものはどんなものなのか、胃カメラ検査が終わってから食事が出来るのはどのくらいたってからなのか、胃カメラ検査で当日他に注意する点とは、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で当日禁止されているものとはどんなものなのか

胃カメラ検査をする前には、お腹の中を空にしておかなければなりません。前日の夜21時くらいから飲食は禁止になりますが、当日ももちろん禁止です。飲み物も検査をする2時間前くらいまでの時間であれば水は大丈夫ですが、他の飲み物は一切禁止ですので、気を付けておいた方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査が終わってから食事が出来るのはいつくらいか

胃カメラ検査をした後はスプレーなどで麻酔をしているため、麻酔が切れてから食事をするのが良いでしょう。1時間〜1時間半くらい経過してから、検査でお腹がからっぽになっていることから出来るだけ消化の良い食べ物を摂ると良いですが、稀に腹痛などが起こる場合なども人によってはありますので、そのような場合にはすぐに病院へ連絡するようにしましょう。

 

胃カメラ検査で当日のその他の注意点とは

胃カメラ検査で当日飲食が禁止されていることはだいたいの人が理解している事と思いますが、他にもいくつか禁止事項があります。例えば当日はタバコやいつも飲んでいる薬なども禁止となります。

 

薬はどうしても飲まなければならないものなどがある場合には先に医師に相談しておく方が良いです。

 

胃カメラ検査の当日は飲食は禁止となり、飲み物も水以外は禁止になりますので、ちょっとだけならいいか、と思わずきちんと厳守した方が良いでしょう。水も検査2時間前には飲むのをやめるようにした方が良いでしょう。

スポンサーリンク