胃カメラ検査前日の食事制限と注意点

胃カメラ検査前日の食事制限と注意点

胃カメラ検査前日の食事制限と注意点について

「胃カメラ」検査を受けるには、胃の中が空っぽの状態でなければ受けることが出来ません。

 

胃に残存物があると、正しい検査が出来ないばかりか胃の症状が分かりません。

 

また、検査機器の障害にもつながりますから、検査前日の食事については注意事項をしっかりと守りましょう。

 

検査前日の食事制限

「胃カメラ」検査の前日晩の食事には、注意が必要です。

 

遅くても21時までに済ませます。

 

また、アルコールやタバコ、刺激物、脂っこい消化の悪いものは控えてください。

 

胃に悪い影響を与えるものを検査前に摂取しては、正しい検査結果はでません。

 

消化の良い食事を腹八分目に食べて、それ以後は飲食しないようにします。

 

水分、白湯ならば少し飲んでも構いません。

 

検査前日の消化の良い食事

「胃カメラ」検査の前日晩は21時以降の飲食は禁止です。

 

それ以前の食事でも消化の良い食事をするように指導されます。

 

消化の良い食事メニュー例

  • 鳥ささみ肉の雑炊(大根、大根葉、人参、鳥ささみ肉等)、かぼちゃの煮物など
  • 月見うどん(半熟玉子、うどん、人参、ほうれん草等)、白身魚と高野豆腐の煮物など

その他、薄味で香辛料を使わない料理を心がけましょう。

 

デザートのフルーツには、バナナやリンゴがお勧めです。

 

みかんや梨などは消化が良くないので止めましょう。

 

柑橘系ですから、オレンジジュースなども控えてください。

 

嗜好品

コーヒー、アルコール、タバコ、香辛料などは胃を荒らす原因になります。

 

前日から検査終了後にも控えてください。

 

誤って食事をしてしまったら?

「胃カメラ」検査の前日遅い時間に食事してしまったり、当日朝に食べてしまったら、正直に連絡しましょう。

 

当日の検査は中止となり、改めて予約取り直しになります。

 

黙っていて検査を受けたとしたら、大変な事になります。

 

検査機器の故障にもつながりますし、何度も検査の準備をする病院にも迷惑をかけます。

 

絶対に食事制限は守りましょう。

スポンサーリンク