胃カメラによる嘔吐反射

胃カメラによる嘔吐反射

胃カメラによる嘔吐反射

胃カメラの検査を口から受けた場合、どうしてもおえっとなってしまう嘔吐反射を起こしてしまう事があります。

 

どうして胃カメラ検査では嘔吐反射が起こってしまうのか、どうしても胃カメラの恐怖症を起こしてしまっている人はどうしたら良いのか、胃カメラを受けるにあたって知っておいた方が良いこととはどんなことなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの嘔吐反射とはどのようなことを言うのか

人間は口の中に手を奥までいれたりすると反射的に「おえっ」となってしまうような嘔吐をしてしまうような反射が起こります。このような反応が起こってしまう事を嘔吐反射といいます。胃カメラを口から入れた時にはこの嘔吐反射がどうしても出てしまうことがあり、とても違和感や不快感を感じる人が多いです。

 

胃カメラ検査で嘔吐反射に恐怖症を覚えている人はどうしたら良いのか

どうしても胃カメラを口からの検査で受けると、嘔吐反射が出ることがあります。二度とやりたくないというくらい恐怖症になっている場合には、鼻からの胃カメラ検査で受けると良いでしょう。鼻からの場合には口の中に内視鏡が当たらないため、あまり嘔吐反射が起こることは少ないと言われています。

 

胃カメラ検査を受けるにあたって

胃カメラの検査はどうしても気持ち悪くなったような嘔吐反射があるため、出来るだけやりたくないという人も多いでしょう。どうしても内視鏡が口の中や鼻の中に入れられた時には、体に力が入ってしまい内視鏡と接触してしまうことが多いことから、より嘔吐反射が起こりやすくなると言われています。ですから出来るだけリラックスするということがとても大切なことなのです。

 

胃カメラは口からの検査の場合嘔吐反射が起こることがあります。人間のからだの仕組みでこの反射は出てしまうことがあり、検査がとても恐怖になってしまう人もいるほどです。鼻からの胃カメラの方が嘔吐反射は出にくいと言われていますが、稀に鼻でも出てしまうことがあるようです。

スポンサーリンク