胃カメラによる胃潰瘍の発見

胃カメラによる胃潰瘍の発見

胃カメラによる胃潰瘍の発見

胃潰瘍は消化器官の病気ですが胃の中に出来るため、胃カメラによって胃潰瘍を発見することが出来ます。胃潰瘍はどのような症状でどんな原因があるものなのか、胃カメラで胃潰瘍を発見した時に生検などをするとどんなことが分かるものなのか、なかなか胃潰瘍が治らない場合には胃カメラをした方が良いのか、などを紹介したいと思います。

 

胃潰瘍はどのような症状・原因があるものなのか

胃カメラで胃潰瘍は発見することが出来ますが、胃潰瘍は胃の粘膜の表面が溶けてしまっている状態をいいます。食後にみぞおち部分に鈍痛を感じたり、胃痛がはげしくなったり、吐血をしたりする症状が出ることもあります。原因としては、ピロリ菌があるとなりやすいと言われています。また日常にストレスをためやすいとなりやすいとも言われています。

 

胃カメラで胃潰瘍を発見したとき生検で分かることとは

胃カメラで胃潰瘍になっている部分を採取して生検に出すことで分かる事は、胃潰瘍と胃ガンと区別のの判断を出来ることです。どちらの病気なのか、ということをきちんと確定することが出来ます。

 

またガンであれば転移性があるものなのか、ないものなのかなども調べることが出来ます。

 

胃潰瘍が治らない時に胃カメラは有効なのか

胃潰瘍になっている場合でなかなか治らない場合があります。その場合胃ガンになっている可能性もあることから、胃カメラをして生検などをした方が良いことがあります。胃潰瘍がなかなか良くならない場合には、医師に一度相談した方が良いでしょう。

 

胃カメラによって胃潰瘍が発見されることがあります。胃潰瘍は胃ガンとの区別がわかりにくいため、生検などで病理検査を行うことがあるかと思いますが、病理検査は病気を確定させるためにも必要な検査です。

スポンサーリンク