初めての胃カメラ検査のコツ

初めての胃カメラ検査のコツ

初めての胃カメラ検査のコツ

初めての胃カメラ検査を受ける時には、ものすごく辛いのではないかという不安ばかりが頭をかすめる人も多いでしょう。胃カメラ検査を受ける時に何かつらくなくなるコツなどがあるものなのか、胃カメラ検査を受ける年齢はだいたいいくつくらいからなのか、胃カメラなどをやる定期検診と人間ドックの違いはどこにあるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査を受ける時に辛くなくなるコツはあるのか

胃カメラ検査を出来るだけ楽に、辛くならないコツとしては、まずノドに十分な麻酔をきちんと効かせるということが最も大切なので、検査する前にノドに麻酔薬を入れる時には、出来るだけ喉の奥にとどめてよく効果がでるまでそのままにする、というのがコツです。

 

胃カメラ検査を受ける年齢とはどのくらいか

胃カメラ検査は胃に異常があって受ける時と、健康診断などの目的で受ける場合があります。健康診断が目的の場合ですと、だいたい35歳くらいから胃カメラ検査が健康診断に含まれるようになります。

 

家族などに胃癌になったことがいる人などは、出来るだけ早くから胃カメラ検査を受けておいた方が良いでしょう。

 

胃カメラをやる健康診断と人間ドックの違いについて

健康診断は一般的に普通の健康診断で、肺の病気を発見したり、心臓の病気を発見するために行われることが多いですが、人間ドックの場合には出来るだけ詳しくまたより広い範囲で病気を発見できるような検査が含まれていて、癌の早期発見などに役立つと言われています。

 

初めて胃カメラ検査を受ける時には、つらいという噂ばかりを鵜呑みにして不安がよぎる人もたくさんいると思います。出来るだけ麻酔がきくようにしたり、体をリラックスさせてから受けると少しは違和感を少なくすることが出来ますので、やってみることをお勧めします。

スポンサーリンク