胃カメラ検査に必要なガスコンとは

胃カメラ検査に必要なガスコンとは

胃カメラ検査に必要なガスコンとは

胃カメラ検査にはいろいろな前処置をしますが、ガスコンも使用します。ガスコンは胃カメラ検査にどのような役割をするものなのか、胃カメラ検査に使われる前処置はガスコンの他にはどのようなものがあるのか、胃カメラ検査を行う時に鎮静剤を使用する時にはどのような注意点があるのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査に必要なガスコンとはどのような役割をするものなのか

ガスコンとは一般名ガスコンドロップと呼ばれるもので、成分はジメチコンです。胃カメラ検査の前に使用して、胃の中を綺麗にして検査の精度をあげる役割をするものです。主に胃カメラの時にはガスコンドロップを使用することが多いでしょう。

 

胃カメラ検査の前処置にはガスコンの他にはどのようなものがあるのか

前処置はガスコンドロップを飲んで胃の中をきれいにします。その後には、のどに麻酔をかけるためにキシロカインビスカスという麻酔を口からふくませて、しばらくそのままにしてから飲み込みます。また、胃の運動をとめる薬などをその後使用します。

 

胃カメラ検査で使用される鎮静剤の注意点とは

胃カメラ検査は緊張するととても違和感を感じたり、痛みを感じたりするために、鎮静剤を使用することがあります。鎮静剤はどのような注意点があるのかというと、鎮静剤を使用するとぼーっとしたりすることもあるためすぐに行動することが出来ません。もちろん車の運転などをすぐにすることは不可能ですので胃カメラ検査の後に仕事に行くという人は気を付けた方が良いでしょう。

 

胃カメラ検査をする上で、ガスコンという薬を使用することが多いです。主に胃の中をきれいにする事が目的で使用されることがほとんどでしょう。

スポンサーリンク