胃カメラの上手な飲み方

胃カメラの上手な飲み方

胃カメラの上手な飲み方

胃カメラをするにあたってかなり胃カメラは不快感を伴うと言われているため、上手な飲み方をすると少しは楽になるとも言われています。どのような飲み方をすると胃カメラの上手な飲み方が出来るものなのか、自分で苦しくならないように出来る事とはどんな事なのか、鼻から検査する胃カメラ検査とはどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラの上手な飲み方とはどのような方法なのか

胃カメラが苦しくなるという理由には嘔吐反射をしてしまうから、という原因があります。上手に飲む方法としてどのような飲み方をすればよいのかというと、喉に麻酔をする時に何分か口に含んで麻酔をしますが、その時に出来るだけ喉の奥の方にゼリーを置き、麻酔が効くようにするという方法をすると胃カメラを飲む時に苦しむことなく飲むことが出来ます。

 

胃カメラが苦しくならないよう自分で出来る楽な方法とは

胃カメラ検査を受けるにあたって、自分で出来る事と言えば、検査に行く時の服装です。検査は横になって行いますが、出来るだけお腹が苦しくならないような服装で行くということが良いでしょう。また音楽などを流してくれるような病院であるならば、好きな音楽を持参してリラックスして検査を受けるというのも良い方法です。

 

鼻から内視鏡を入れる胃カメラ検査とは

胃カメラ検査は口からの検査はとても苦しく辛いと言われていますが、鼻から内視鏡を入れる検査であれば管もとても細いものになっているため、苦しい思いも少しで済むと言われています。

 

しかし鼻の骨が曲がっていたりする際には受けることが出来ないため、鼻の疾患がなければ鼻からの胃カメラも検討すると良いでしょう。

 

胃カメラ検査を行うにあたって上手な飲み方の方法がいくつかあります。麻酔のゼリーを口の奥の方にためておくという方法や、出来るだけ唾を飲み込まないという方法、お腹を圧迫しない服装で検査に望むという事や、リラックスして検査を受けるなどをすると良いとされています。

スポンサーリンク