胃カメラ検査によってびらんが発見された場合

胃カメラ検査によってびらんが発見された場合

胃カメラ検査によってびらんが発見された場合

胃カメラ検査をしている際にびらんが発見される場合があります。そのような際には組織検査をする場合があります。

 

胃カメラ検査によってびらんが発見された時の対処の方法とはどのような方法なのか、胃カメラ検査でびらんが発見された場合での胃炎とはどのようなものなのか、胃カメラで発見されるびらんと潰瘍はどこが違うのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査によってびらんが発見された時はどのような方法をとるものなのか

胃カメラ検査を行っていくうちにびらんが発見される場合があります。その場合にはびらんがどのような状態になっているのかどうか詳しく調べるために、生検をします。生検は万が一癌などの場合や悪性なのか良性なのかなどを詳しく調べるためのものです。もしもピロリ菌などがあった場合には除菌を行います。

 

胃カメラ検査で発見されたびらん性胃炎とはどのようなもの

胃カメラで胃の粘膜がえぐれた状態になっていることがあります。びらん性胃炎という病気で胃炎が酷い場合にかかっていることがあります。胃カメラで発見されたびらんはどのような治療をしていくのというと、基本的には薬の治療になります。生活習慣やストレスなども影響されるため、生活習慣から見直しが必要な場合もあります。

 

胃カメラで発見されるびらんと潰瘍の違いはどんなところにあるのか

びらんと潰瘍はどこが違うのかというと、傷の深さによって変わってきます。粘膜下層よりもさせに深いところに傷がある状態を潰瘍といい、そこまで達していないものをびらんといいます。胃カメラはそのような深さなどを確かめるためにもとても適している検査です。

 

胃カメラ検査をしている時にびらんが発見される場合があります。そのびらんがどのようになっているものなのかを詳細に調べるために生検に出します。生検では悪性のものなのか良性のものなのかを調べてさらに詳しく病気をみます。

スポンサーリンク