胃カメラ検査で使用されるブスコパンとは

胃カメラ検査で使用されるブスコパンとは

胃カメラ検査で使用されるブスコパンとは

胃カメラ検査で使用されるブスコパンとは注射のことです。検査前にする筋肉注射です。胃カメラ検査で使用するブスコパンはどのような意味があるものなのか、胃カメラ検査で使用するブスコパンとは副作用はあるものなのか、ブスコパンを検査前の薬として使用できない禁忌の病名とはどのようなものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査で使用するブスコパン注射はどうしてするのか

胃カメラ検査をする時には検査前に様々な薬を使用しますが、ブスコパンの筋肉注射はどうしてするのかというと、ブスコパンには胃の動きをおさえる働きがあるため検査前にする必要があるのです。他には胃の中にあるガスなどを除去する作用などもあります。検査をする前に必ず注射をする病院もありますし、しない病院もあるようです。

 

胃カメラ検査で使用のブスコパンの副作用とはどのようなものなのか

胃カメラ検査で使用することのあるブスコパン注射ですが、副作用があるとも言われています。どのような副作用があるのかというと、血圧低下が起こったり、チアノーゼが出たり、呼吸困難になることもあると言われています。他にはかゆみ、紅斑、嘔吐、掻痒感などといった副作用などもあるようです。

 

ブスコパンが禁忌の病気とはどのようなものなのか

胃カメラ検査の時にブスコパンを注射することが多いですが、中には禁忌の病気などもありますので注意が必要です。緑内障・前立腺肥大症・甲状腺機能亢進症がある人は禁忌とされていますので、注意しなければならないでしょう。

 

胃カメラ検査で前処置としてブスコパンを筋肉注射することがあります。ブスコパンは胃の働きをおさえて検査時にきちんと検査できるようにするために投与します。病院によっては副作用などが出るために注射をしない病院もあるようです。

スポンサーリンク