胃カメラ検査によってヘルニアが発見された場合

胃カメラ検査によってヘルニアが発見された場合

胃カメラ検査によってヘルニアが発見された場合

胃カメラ検査によってヘルニアが発見される場合があります。胃に出来るヘルニアとはどのような病気なのか、胃カメラ検査で発見できるヘルニアはどうしてなってしまうことがあるのか、軽度のヘルニアは何に気を付けて生活した方がよいのか、などを紹介したいと思います。

 

胃に出来るヘルニアとはどのようなものなのか

胃カメラでヘルニアを発見することが出来ますが、正式には食道裂孔ヘルニアといいます。立ったり座ったりするだけでも変化したりするもので、胃の一部が横隔膜から食道のほうに飛び出してしまうような症状になります。また逆流性食道炎などになることもあります。

 

胃カメラで発見できるヘルニアが出来てしまう原因とはどんなことなのか

高齢になると体の色々なところがゆるんでくることで、食道裂孔もゆるむことでヘルニアになってしまうこともありますが、生まれつき先天性での食道裂孔ヘルニアもあります。また、慢性気管支炎や気管支喘息があると、咳が出ることなどから腹圧があがりヘルニアになるということがあります。

 

ヘルニアになってしまったらどうしたらいいのか

ヘルニアでも軽度の場合特に自覚症状などは出ないことがあります。そのような場合には特に治療などは必要ないですが、日常生活で気を付けた方がいいことがあります。例えば食べた後にすぐ横になったりしないことや、肥満などにならないように気を付けることです。

 

胃カメラ検査をするとさまざまな病気を発見することが出来ますが、ヘルニアが発見されることがあります。胃で発見されるヘルニアは正式には食道裂孔ヘルニアといって、胃の一部が飛び出してしまっている状態の病気です。軽度であれば特に治療は何もしないこともありますが、日常生活で気を付けた方がいいことなどがあります。

スポンサーリンク