胃カメラ検査に使用するマウスピース

胃カメラ検査に使用するマウスピース

胃カメラ検査に使用するマウスピース

胃カメラ検査をする時には管が入っていきやすくするためにマウスピースを使用します。胃カメラ検査に使用するマウスピースとはどんなものなのか、胃カメラ検査を行う時に使用するマウスピースで嘔吐反射をしないようなマウスピースは普通のものとどこが違うのか、嘔吐反射しやすい口からの胃カメラのメリットとはどこにあるものなのか、などを紹介したいと思います。

 

胃カメラ検査の時に使用するマウスピースとはどのようなものなのか

胃カメラ検査をする時には内視鏡を口から入れるためにマウスピースを装着してもらい、検査を行っていきます。

 

どうしてマウスピースを使用するのかというと、口を閉じないようにするためや、内視鏡の管をかみつぶさないようにするために使用します。

 

胃カメラ検査で使用するマウスピースで嘔吐反射しないものとは

最近では胃カメラ検査で使用するマウスピースで、嘔吐反射をしないように改良されているマウスピースがあります。どのようなものなのかというと、胃カメラ自体が舌につかないようになっているために嘔吐反射をしなくて済むように出来ています。また装着自体も快適に装着できるようになっているものが多くあります。

 

嘔吐反射しやすい胃カメラをするメリットとはどこにあるのか

最近では嘔吐反射しにくいマウスピースなども出来ていることから、それほどつらい思いをしないで検査をすることも出来ているようですが、胃カメラをするメリットがどこにあるのかというと、やはり病気が見つかった箇所の精密な観察をすることが出来るということが一番のメリットです。上咽頭なども細かく観察することが可能です。

 

胃カメラ検査の時には管を口から入れるためにマウスピースを使用します。マウスピースを使用しても嘔吐反射が起こることが多くありますが、最近ではその嘔吐反射をしないような改良されたマウスピースもあるため検査がしやすくなっているようです。

スポンサーリンク